一般的に、携帯電話やクレジットカードを利用すると月末に請求書や利用明細書が自宅に送付されます。では、消費者金融からも請求書や明細書などの手紙が送られてくるのでしょうか?カードローン 審査を利用していることを家族に知られたくないという方にとって、これは知っておきたい点です。
基本的に、支払いを滞納しない限り消費者金融から自宅に連絡が入ったり請求書が届く事はありません。ですが、念のため申し込みの際に自宅に書類を送らないでほしいという要望を伝えておくことができます。大手消費者金融であれば、契約時に不安な点についてしっかりとヒアリングしてくれます。
最近では詐欺も増えてきて、消費者金融からお金を借りた覚えがないのに請求書が届いたというケースも見られるようです。この場合にはもちろん支払う必要はありません。例えば、携帯やパソコンのメールでの請求、連絡先が携帯電話のもの、電話から口頭による請求の場合は詐欺の可能性が高いです。
しかし、裁判所からの書類は無視してはいけません。裁判所から支払督促や小額訴訟、正式裁判の訴訟などが届いたら、身に覚えがないとしても手続きをしましょう。無視していると本当に借金をしたことにされてしまうかもしれません。内容によっては弁護士や司法書士など専門家に相談し、対処しましょう。
身に覚えのない請求書が届いた時、絶対に慌てて支払いをしてはいけません。お金を支払ってしまった後に架空請求だと気付いても、後からお金を取り戻す事はできないからです。

個人信用情報機関は、以前は5つ存在していましたが、平成21年8月に統合し現在は「CIC(株)シー・アイ・シー」、「全国銀行個人信用情報センター」、「JICC(株)日本信用情報機関」と3つの機関があります。
消費者金融へカードローンの申し込みを行った場合、CIC(株)シー・アイ・シーへ情報確認されることが多いですが、3つの信用情報機関は一部の情報を交流させているため、消費者金融で借り入れを行った分の返済が滞っている、といった情報だけでなく銀行取引などで生じた金融事故情報などについてもわかるようになっています。そのため、住宅ローンの返済が遅れている、携帯電話料金を滞納しているなどの事実があればすぐに分かってしまいます。また、総量規制が施行されたことにより他社からの借入額もすぐにわかるようになっているので、借り入れ件数や借入額を過少申請してもすぐにバレてしまいます。
債務整理などの金融事故に関する情報が登録されている間は、審査落ち決定といわざるを得ないと思いますが、借入額・借り入れ件数を過少申請するなど虚偽の申請をした場合も、信用できない人物と判断され、否決される可能性が高まります。
少しでもキャッシング 即日審査が通りやすいようにと過少申請する方もいるようですが、お金に関する情報は全て登録されている、といっても過言ではない状態です。申告内容に偽りや間違いがあっては信頼を損ね、本来であれば通るはずの審査も否決されてしまう可能性もあるので正しく申告しましょう。

消費者金融に関するニュースなどにもよく出てきますが、「グレーゾーン金利」という言葉があります。
これは俗にいう過払い金のことで、消費者金融などの賃金業者が取り立て過ぎた利息のことです。少し前まではこの過払い金の返還請求裁判が盛んに行われていました。その返還費用は大手4社だけで1400億円を超えると言われています。
グレーゾーン金利とは、利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯のことを言います。
日本には利息制限法という法律が存在しています。この法律では総額10万円〜100万円未満のキャッシングについては、18%以下などと定められているにも関わらず、多くの業者はこれを超えて、借入利子の設定を行っていたのです。
というのはこの利息制限法に関しては、特に罰則が決められていなかったからです。それに対し、出資法には罰則が決められていました。年29.2%を超える割合による利息の契約をしたときは、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と定められています。
こうして発生した、利息制限法と出資法の間で設定された利息分は過払いとして、利用者が返還請求できるということになったのです。
因みに、2010年に出資法が改正され、上限金利が20.0%に変更されています。しかし、それ以前に払いすぎたグレーゾーン金利の返還請求は現在もできるようです。詳しくは専門家(弁護士など)に相談してみましょう。

「うちの会社は他の会社よりも低金利でおすすめだよ!」というように、低金利というものはキャッシング会社の売り文句でもあります。
そもそも金利とは何かといいますと、利息の基準となるものになります。
キャッシング会社からお金を借りると利息が発生します。この利息というものは、キャッシング会社が適当に決めている訳ではなく、まず、法律で「金利の上限は15%から20%でなくてはいけない」と定められており、この範囲内からキャッシング会社は金利を決めています。
金利が低ければ低いほど、利息は安くなり、利用者にとってはお得になりますので、利用者は当然低金利のキャッシング会社を求めます。そんなことから、各キャッシング会社はほかの会社よりも低金利で提供しますよといったように、金利競争をおこなうためにキャッシング会社ごとに金利に差が生まれます。
しかし、必ずしも低金利のキャッシング会社がいつでも誰でも一番お得になるかというと、そうではありませんのでご注意ください。
キャッシング会社によっては低金利のほかにも他社とは異なる利点をサービスとして提供し、客引きをしているようなところもあります。
たとえば無利息サービスや、ATM利用手数料無料サービスなどさまざまです。それらさまざまなサービスや金利のどれが一番お得であるか、便利であるかというのは、利用者の方一人ひとりによって千差万別です。
特徴ひとつだけではなく、さまざまな点からフリーローン比較し、自身にとって利用しやすいキャッシング会社やカードローンをお選びくださいますようお願い申し上げます。

キャッシングをするときに自分一人で計画を立てることはなかなかに難しいものです。
金利の仕組みもありますし、返済額をいくらにすればいつごろに完済するのか、それを利息を踏まえたうえ江計算していくことは困難なものです。
また消費者金融や銀行によっても返済方式が違います。
返済方式が違うということは毎月の最低返済額が変わってくることとなります。
返済額が変わることはありますが、元金に変更はありません。
つまり返済額を変えることは利息として支払う金額を変えることになるわけです。
返済を考えるときには利息の総額や完済までの期間、毎月の返済額を外して考えることはできないながらも簡単ではありません。
そこでおすすめしたいのは返済シミュレーションです。
銀行でも消費者金融でも公式ホームページに返済シミュレーションが用意されています。
そのキャッシングについての返済方式を使ったシミュレーションになりますので参考になります。
利用するキャッシング業者の返済シミュレーションを使うようにしましょう。
返済方式などに違いがありますので、他社の返済シミュレーションを使ったのでは意味をなさないことがあります。
より確実な計画にしましょう。
現在ある返済シミュレーションの中でもっとも使いやすく利便であるのは新生銀行カードローンレイクの返済シミュレーションになるでしょう。
返済額や返済期間を同じページ内で自由に変動させることができるだけではなく無利息期間もシミュレーションの中に組み込むことができます。