消費者金融に関するニュースなどにもよく出てきますが、「グレーゾーン金利」という言葉があります。
これは俗にいう過払い金のことで、消費者金融などの賃金業者が取り立て過ぎた利息のことです。少し前まではこの過払い金の返還請求裁判が盛んに行われていました。その返還費用は大手4社だけで1400億円を超えると言われています。
グレーゾーン金利とは、利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯のことを言います。
日本には利息制限法という法律が存在しています。この法律では総額10万円〜100万円未満のキャッシングについては、18%以下などと定められているにも関わらず、多くの業者はこれを超えて、借入利子の設定を行っていたのです。
というのはこの利息制限法に関しては、特に罰則が決められていなかったからです。それに対し、出資法には罰則が決められていました。年29.2%を超える割合による利息の契約をしたときは、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と定められています。
こうして発生した、利息制限法と出資法の間で設定された利息分は過払いとして、利用者が返還請求できるということになったのです。
因みに、2010年に出資法が改正され、上限金利が20.0%に変更されています。しかし、それ以前に払いすぎたグレーゾーン金利の返還請求は現在もできるようです。詳しくは専門家(弁護士など)に相談してみましょう。

「うちの会社は他の会社よりも低金利でおすすめだよ!」というように、低金利というものはキャッシング会社の売り文句でもあります。
そもそも金利とは何かといいますと、利息の基準となるものになります。
キャッシング会社からお金を借りると利息が発生します。この利息というものは、キャッシング会社が適当に決めている訳ではなく、まず、法律で「金利の上限は15%から20%でなくてはいけない」と定められており、この範囲内からキャッシング会社は金利を決めています。
金利が低ければ低いほど、利息は安くなり、利用者にとってはお得になりますので、利用者は当然低金利のキャッシング会社を求めます。そんなことから、各キャッシング会社はほかの会社よりも低金利で提供しますよといったように、金利競争をおこなうためにキャッシング会社ごとに金利に差が生まれます。
しかし、必ずしも低金利のキャッシング会社がいつでも誰でも一番お得になるかというと、そうではありませんのでご注意ください。
キャッシング会社によっては低金利のほかにも他社とは異なる利点をサービスとして提供し、客引きをしているようなところもあります。
たとえば無利息サービスや、ATM利用手数料無料サービスなどさまざまです。それらさまざまなサービスや金利のどれが一番お得であるか、便利であるかというのは、利用者の方一人ひとりによって千差万別です。
特徴ひとつだけではなく、さまざまな点からフリーローン比較し、自身にとって利用しやすいキャッシング会社やカードローンをお選びくださいますようお願い申し上げます。

キャッシングをするときに自分一人で計画を立てることはなかなかに難しいものです。
金利の仕組みもありますし、返済額をいくらにすればいつごろに完済するのか、それを利息を踏まえたうえ江計算していくことは困難なものです。
また消費者金融や銀行によっても返済方式が違います。
返済方式が違うということは毎月の最低返済額が変わってくることとなります。
返済額が変わることはありますが、元金に変更はありません。
つまり返済額を変えることは利息として支払う金額を変えることになるわけです。
返済を考えるときには利息の総額や完済までの期間、毎月の返済額を外して考えることはできないながらも簡単ではありません。
そこでおすすめしたいのは返済シミュレーションです。
銀行でも消費者金融でも公式ホームページに返済シミュレーションが用意されています。
そのキャッシングについての返済方式を使ったシミュレーションになりますので参考になります。
利用するキャッシング業者の返済シミュレーションを使うようにしましょう。
返済方式などに違いがありますので、他社の返済シミュレーションを使ったのでは意味をなさないことがあります。
より確実な計画にしましょう。
現在ある返済シミュレーションの中でもっとも使いやすく利便であるのは新生銀行カードローンレイクの返済シミュレーションになるでしょう。
返済額や返済期間を同じページ内で自由に変動させることができるだけではなく無利息期間もシミュレーションの中に組み込むことができます。