• ホーム
  • フィナステリドの主な副作用

フィナステリドの主な副作用

2019年06月25日
櫛で髪を梳かす男性

薄毛や抜け毛は高齢の男性の悩みというイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、最近では若くても薄毛や抜け毛になってしまう男性が増えてきています。
若いのに薄毛や抜け毛が起こってしまった場合、生活習慣の乱れやストレスなどが原因になっていると言われています。

薄毛の治療には薬を使われることが多いです。
さまざまな薬がありますが、中でも最もよく使われているのがフィナステリドという薬です。
フィナステリドは経口タイプの薬であり、男性型脱毛症の治療のために使用されています。
個の薬には男性型脱毛症の原因となるDHTの生成を抑制する効果があるため、男性型脱毛症を治療することができるということです。

フィナステリドは薄毛の治療に高い効果を発揮してくれますが、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。
副作用といっても重篤な症状が発生する可能性は低いです。
しかし、頭痛や不眠、腹痛といった症状が出てしまうことがありますし、消化器系に影響を与える可能性もあるということです。

フィナステリドを服用したら一時的に抜け毛が増えたという人もいます。
これは初期脱毛と呼ばれる症状であり、副作用ではありません。
薬を飲んで髪の毛が抜けてしまったら不安になるかもしれませんが、これは頭皮環境が良くなってきている証拠です。
初期脱毛はヘアサイクルが元に戻るために必要なものであり、これを乗り越えれば薄毛を改善できるということです。

初期脱毛はフィナステリドを服用して3~5日程度で出てくると言われています。
1ヶ月くらいすれば初期脱毛は治まりますし、ヘアサイクルが正常に戻ったと判断できるでしょう。
ヘアサイクルが整うことで健康的な髪の毛が生えるようになるため、継続して服用することが大切です。

フィナステリドを服用したら髪の毛だけでなく、体毛も濃くなるのではないかと心配している人もいるかもしれません。
しかし、この薬にそのような副作用はないとされています。
フィナステリドはDHTの生成を抑えることで男性型脱毛症を改善するという薬です。

DHTは薄毛の原因になるだけでなく、体毛を濃くするという働きもあります。
そのためフィナステリドの働きによってDHTの生成を抑えた場合、逆に体毛が薄くなることが考えられます。
しかし、人によっては体毛が濃くなってしまうということもあるため、注意しながら服用しましょう。

フィナステリドの嬉しい効果!髪が生える?

AGAは男性型脱毛症の略称で、男性ホルモンの一種が作用して抜け毛を促進してしまう症状です。
薄毛は老年期の男性のものというイメージがありますが、20歳前後の男性にもAGAの症状が出るケースがあり、進行すると生え際や頭頂部が薄くなることがあります。
AGAの治療は近年美容外科や皮膚科などで行われるようになっており、フィナステリドなどが治療薬として処方されています。

フィナステリドは、2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに転換されるのを抑制する働きが期待できます。
そのため、抜け毛の原因に直接作用して発毛に効果を発揮します。
フィナステリドは、男性型脱毛症の治療薬として皮膚科で処方されますが、正しく風要することで髪の毛が抜けるのを防いで細くなった髪の毛が太くなったり薄毛が改善する効果が報告されています。
副作用についても報告されており、初期脱毛や体毛が薄くなることがあります。

これらの副作用は人によって出るケースと出ない場合がありますが、どちらもそれほど深刻なものでは有りません。
AGAの特徴としては生え際や頭頂部が薄くなる点がありますが、気になる薄毛を解消できることを考えれば、体毛が薄くなったり治療初期に多少脱毛が多くなることは、得られるメリットからしたらそう大きなことではありません。
フィナステリドを正しく服用することによって多くの症例でこれまでに男性のAGAが解消されています。
服用をやめることで薄毛の進行を食い止める役割は無くなりますが、服用をしている間は男性ホルモンの働きをブロックしますので効果的に抜け毛を抑制するのに役立ちます。

フィナステリドを含む薬の代表にはプロペシアやフィンペシアがあります。これらの薬は個人輸入代行の形を使えば通販で購入することも可能です。
まとめ買いすることも可能で、1箱あたりの価格がかなりお得になるので興味のある方はチェックしてみましょう。

関連記事
イトラコナゾールの効果と併用禁忌

イトラコナゾールとは、真菌を殺菌することで、それらを原因とする病気に治療に用いる薬です。真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用があります。エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を持つ真菌に対し、エルゴステロールの生成および合成させるのを阻害する効果がイトラコナゾールにあり、真菌

2019年09月13日
頭皮のかゆみにムヒは塗っていいの?

敏感肌の人にとってもっとも厄介なのが頭皮のかゆみです。頭皮のかゆみは、全身の皮膚の中でも血管や神経に近いために強いかゆみが断続的に続くのが特徴です。そのため一度痒くなると昼夜問わずにかゆみを発するだけでなく、そのかゆみは強いために集中力を乱されてしまいます。そしてかゆいからと掻いてしまうと一時的に収

2019年08月08日
ロゲインとリアップって同じ?違いはないの?

大正製薬が提供しているリアップは、壮年性脱毛症における発毛・育毛および脱毛の進行予防を効果・効能に持つ第一類医薬品で、ミノキシジルという有効成分を配合していることが特徴です。また、1999年に販売を開始した当初のミノキシジルの濃度は1%だったのですが、現在では5%濃度のX5や、これにピリドキシン塩酸

2019年08月28日
女性がフィナステリドに触れてしまった時の副作用とは

フィナステリドは、伝統生薬製剤の欧州指令に従い、フランスやドイツなどのヨーロッパ諸国で前立腺肥大症の医薬品として用いられているノコギリパルメットをモデルに開発された抗ロゲン薬です。元々は、ノコギリパルメットと同様に前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で認可されたのです。身体への負担を考慮して1mg錠で

2019年07月22日
肝臓に起こるフィナステリドの副作用について

フィナステリドの副作用として肝機能障害があります。肝臓に負担をかけすぎているのが原因なので使用者の生活習慣の影響が大きいため、発生頻度は稀です。肝臓には解毒作用があり、薬の処理も行うので薬を服用すると負担がかかり、機能が低下すると尿の色が濃くなったり黄疸が出る、微熱が続いたり疲れが取れにくくなって倦

2019年07月06日